• Home
  • /
  • O脚の原因と対策

O脚の原因と対策

“人は生まれてきたときにはO脚にはなりますが、成長するにつれて正常な形になっていきます。
ただ、なかにはO脚のママになってしまう人がいます。
こうなるのは先天性と後天性の原因があり、先天性は骨格構造がなってしまっているので矯正できないとされています。
そして後天性でO脚になるのは横すわりや内股歩きなどの座り方、歩き方の習慣化が徐々に関節に捻れ、歪みをもたらしてO脚になっってしまうのです。
では、後天性の場合にはその習慣を治すようにすれば矯正は可能であるという風に言えます。
まず、歩き方は足をまっすぐの一本のライン上で歩くことをイメージすることです。
そして体重移動は全景にならないように足の裏全体に体重がかかるようにして、泊まるときにはつま先を揃えるようにします。
座り方も同様に足を揃えて、O型に開かないように注意をして座ります。
あぐらを組んだり足を組んだりすることはしないようにしましょう。
床に座るときには足をまっすぐ伸ばして、手で体重を支えるようにしましょう。
体育座りのように膝を立ててもいいですが、あまり曲げすぎるとおしりへの力配分からおしりが広がりO脚になってしまいますので注意をしましょう。
正座も力が均等になるように座るのであればO脚への影響はありません。
しかし、長時間になると骨格をゆがめてしまいますので注意をしましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top